物置・ガレージ 工事の際の現場環境について

下記のいずれにも、該当しないこと

下記の場合は、設置場所の写真を送ってください。

設置できる場合があります。

物置(小型物置などの高さ調整機能がある場合)の場合・・・

土・砂利などの場合・・・

1)凹凸が、100ミリ以上の場合。(整地が必要です。平らにしてください。)

2)排水マスが多数有り、基礎ブロックが設置できない場合

 

コンクリート・アスファルト・リサイクル材などの堅い地面の場合・・・

1)75ミリ以上の勾配がある場合(基礎ブロックモルタル調整が必要です。)

2)車止めなど障害物がある場合(障害物の解体が必要です。)

 

物置(中・大型物置)場合・・・

土・砂利などの場合・・・

1)勾配が、51ミリ以上の場合。(整地が必要です。平らにしてください。)

2)排水マスが多数有り、基礎ブロックが設置できない場合

 

コンクリート・アスファルト・リサイクル材などの堅い地面の場合・・・

1)勾配(50ミリ以内)がある場合(基礎ブロックモルタル調整が必要です。)

2)車止めなど障害物がある場合(障害物の解体が必要です。)

3)勾配51ミリ以上の場合は、原則設置できません。

 

ガレージの場合・・・

土・砂利などの場合・・・

1)勾配が、51ミリ以上の場合。(整地が必要です。平らにしてください。)

2)排水マスが多数有り、基礎ブロックが設置できない場合

 

コンクリート・アスファルト・リサイクル材などの堅い地面の場合・・・

1)勾配(100ミリ以内)がある場合(基礎ブロックカット高さ調整が必要です。)

2)車止めなど障害物がある場合(障害物の解体が必要です。)

3)勾配101ミリ以上の場合は、原則設置できません。

その他 ご不明な点は、メールにてお問い合わせください。

ご注意:お問い合わせ無しで、現場の状態が上記状態の場合で、

設置できない場合、出戻り料が発生する場合があります。